カエル動画図鑑


オキナワアオガエル


和名:オキナワアオガエル
学名:Rhacophorus viridis viridis
英名:Okinawa green tree frog
分布:日本
全長:68mm
えさ:昆虫、節足動物

体色は緑色や黄緑である。腹部は黄色であり、薄い模様があらわれることもある。皮膚はなめらかで透明感がある。後ろ足の腿の裏面に、黒褐色の斑紋がある。手足の先端には吸盤が発達している。こう彩は黄色。オスは喉の部分に鳴のうをもっていて、その部分は黒っぽい色になっている。

オキナワアオガエルは、沖縄県の沖縄島、久米島、伊平屋島に分布するカエルである。山地や平野の森林や草むらに生息する。個体数の多いカエルで、繁殖期以外でもみかけることは多いようだ。

繁殖の時期は12月から7月までであり、かなり長期にわたる。最も繁殖が盛んなのは、1月から2月だ。繁殖地は水場の近くの落ち葉や石の下などである。ほかのアオガエルと同様に、メスは白色の泡につつまれた卵の塊を産卵する。メスが産卵する卵の数は数百個ほどである。

類似種


アマミアオガエルは本種の亜種である。両者には色の違いがほとんどない。
オキナワアオガエルは、シュレーゲルアオガエルモリアオガエルヤエヤマアオガエルとよく似ている。本種はそれらのカエルとくらべると吻が長い。
また、シロアゴガエルにも似ているが、本種は背中に斑紋があらわれないという点で異なる。

豆知識


本種の学名、「Rhacophorus viridis viridis」は、“緑色のアオガエル”という意味。

インドネシアキガエル カジカガエル



HOME > アオガエル科 > オキナワアオガエル
inserted by FC2 system