カエル動画図鑑


警戒色


基本情報


警戒色とは、有害な動物が無害な動物に対して、「食べるのは危険である」ことを警告するために用いられる色のこと。ほとんどの動物は天敵に対する防御の方法として、周囲の環境に溶け込むような色を体色に用いる。それは隠蔽色とよばれ、警戒色の対語にあたる。

警戒色を用いる動物は、赤色やオレンジ色をしていて、明るくてよく目立つ。体から有害物質を分泌したり、いやな味や臭いをもつ動物が多い。警戒色をもつカエルとして一番有名なのはヤドクガエルである。


豆知識


動物の中には警戒色にみえるような明るく、派手な体色をもつものもいる。だが、その動物には毒がなくて、単に毒をもった動物の体色を真似ているだけである。そうすることによって、天敵から捕食されるのを免れようとする。それはベイツ型擬態とよばれる。



HOME > 用語集 > 警戒色
inserted by FC2 system