カエル動画図鑑


カグヤヒメガエル


和名:カグヤヒメガエル
学名:Metaphrynella pollicaris
英名:Malaysian Tree Hole Frog
分布:タイ、マレーシア
全長:40mm
えさ:無脊椎動物

カグヤヒメガエルは小さなカエルである。皮膚にはイボがありザラザラしている。手足の先端には吸盤がついている。

夜行性のカエルであり、高地の森林を生息地にしている。昼間は地上にいるが、夜になるとエサを求めて木の上に登っていく。

オスは水のたまった樹洞から鳴き声をあげる。鳴き声は樹洞の中で反響して、より遠くまで音が届く。カグヤヒメガエルは樹洞を楽器のようにして用いる。抱接は樹洞の中で行なわれる。(割れた竹の幹の中でも、抱接は行なわれるようである。このカエルの和名は、竹から生まれたかぐや姫の物語に由来している。)また、卵が孵化してオタマジャクシになり、小ガエルへ成長していくのも樹洞の中だ。

オオヒメアマガエル コガタナゾガエル



HOME > ヒメアマガエル科 > カグヤヒメガエル
inserted by FC2 system