カエル動画図鑑


ベニモンヤドクガエル



和名:ベニモンヤドクガエル
学名:Dendrobates histrionicus
英名:Harlequin Poison Dart Frog
分布:エクアドル、コロンビア
全長:38mm
えさ:無脊椎動物

ベニモンヤドクガエルは小型のカエルである。体色のパターンが多いのも、このカエルの特徴だ。黒色をベースとして、黄色やオレンジ色の斑紋をつけているのが一般的である。皮膚には毒があり、体色が鮮やかで明るい色をしているのも、天敵に毒があることを警告するためのものである。毒はこのカエルのエサから作られる。ベニモンヤドクガエルが住む地方の先住民族は、このカエルの毒を吹き矢の先端につける。矢の先端につけられた毒は一年間もの間、効力を持ち続けるようだ。

昼行性であり、一日中エサを求めて行動している。

繁殖は雨季の間。オスはメスを鳴いて呼び寄せる。メスは葉っぱの上などに卵を産む。メスは一度の産卵で10個以上の卵を産むようだ。メスは卵が孵化するまで、卵を守る。卵が孵化してオタマジャクシになると、オタマジャクシはメスの背中に載せられて、アナナスなどの水生植物のある水溜りまで運ばれる。オタマジャクシのえさは卵であり、メスから未受精卵を与えられて成長していく。メスは毎日、オタマジャクシにえさを与えるために、水溜りまで通うのである。

ブランジェヤドクガエル ヘーネルヤドクガエル



HOME > ヤドクガエル科 > ベニモンヤドクガエル
inserted by FC2 system